夫婦の時間が減って携帯をよくいじる夫を調べてみると浮気していることが発覚しました

夫婦の時間が減って携帯をよくいじる夫を調べてみると浮気が発覚しました

20代主婦、結婚相手に浮気された時期は、香川県に住んでいました。
浮気された当時は、デパートで接客業をしていました。夫が浮気をした相手は、学生時代からの友人の一人だったそうで、私は少し顔を見たことがある程度で、直接話したことはありません。
私が夫の浮気に気づいたのは、ある日夫の行動に注目してみると、おかしいなと思う行動が増えたということです。仕事から帰宅後は、夫婦で話す時間を持つことがこれまでほとんどだったのに、食事が終わるとそそくさと携帯を取り出し、誰かとずっとメールをしているようでした。
メールだけならば、仕事の用事かもしれないし、深く追求しないことにしようと決めていたのですが、ある日突然携帯を脱衣場まで持ち込むようになりました。それまでにも、私が夜夫に話しかけても、うわの空であることが多く、怪しいとは思っていたのですが、携帯を脱衣場まで持って行ったのは初めてのことだったので、直感で浮気だと感じました。
夫が入浴している間に、脱衣場にしのびこむと、タオルの下に隠されるように携帯が置かれていました。すぐさまメールチェックをしてみると、特定女性との熱いやりとりが交わされていました。
そこには、会いたいという文面だけでなく、相手に思いを寄せるような文章がたくさん並んでいたので、とてもショックだったことを今でも覚えています。私といる時間にも、相手のことを考えていたと思うと、裏切られたという怒りよりも、悲しさがこみ上げてきました。
浮気が発覚してから解消されるまでに、私は夫に思いのままをぶつけ、このようなことが続くようであれば二人の今後も考えるとまで言いました。その当時、私はお腹に3ヶ月になる赤ちゃんがおり、精神的にも不安定な日々が続いていました。
夫は、何度も何度も話をしようと持ちかけてきて、私が悲しみで落ち込んでいるときに謝罪を繰り返してきました。最初は、どうしても許すことができなかったのですが、夫の話を聞いているうちに、赤ちゃんのために何が一番いいことなのかということを常に考えるようになりました。
夫には、私の目の前で女性に電話をかけてもらい、今後一切連絡を取らないことを約束させました。はじめは、相手女性から思いを告白されたことがきっかけだったようですが、それを断りきれなかったのは夫の弱さでもあったのではないかと思います。
浮気は、誰も幸せになれることはないと思っているので、二度とこのような思いをしたくないです。